安静錠中のショウキョウ、ハンゲ、ブクリョウは、胃を正常に働かすようにして神経症状を楽にし、コウボクで神経全般の調子を整え、シソヨウでうっとうしい気分を発散させて神経症の体質を改善していきます。

【効能・効果】気鬱症、胃腸虚弱者の神経衰弱、更年期神経症、ヒステリー、神経性食堂狭窄、胃アトニー、助間神経痛、つわり、嘔吐、気管支炎、気管支喘息、浮腫気鬱症とは、気分がふさいだ状態のことを示します。

更年期神経症とは、更年期に起こる神経症のことを示します。

神経性食堂狭窄とは、食堂が狭くなっていると感じるが、実際には、狭くなっていない状態を示します。

浮腫とはむくみのことを示します。

【用法・用量】次の量を随時、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。

「随時服用」とは、食前・食間(食後2〜3時間)・食後のいつ服用してもよいことを指しますが、胃腸の弱い方は食後の服用がよいでしょう。

大人       5錠12〜15歳未満 3〜4錠7〜12歳未満  2〜3錠5〜7歳未満  1〜2錠これを1回量とし、1日3回服用すること。

【!用法・用量に関連する注意!】(1)用法・用量を厳守すること(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

【剤型】錠剤・本剤は淡褐色で、シソ臭を有し、味は微かに苦い素錠です。

【成分・分量】(本剤15錠(3g)中)コウボク、シソ葉、ショウキョウ、ハンゲ、ブクリョウ}乾燥エキス…1.0gコウボク末…1.0gブクリョウ末…1.0g・本剤は天然の生薬を原料としていますので、多少色調はの異なることがありますが、効果に変わり有りません【!使用上の注意!】1,次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。

(1)医師の治療を受けている人(2)妊婦又は妊娠していると思われる人(3)高齢者(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人2,次の場合は直ちに服用を中止し、商品添付文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。

(1)服用後、次の症状があらわれた場合関係部位:症状皮 膚:発疹・発赤、かゆみ(2)1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合3,他の医薬品などを併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので医師又は薬剤師に相談すること【!保管及び取り扱い上の注意!】(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。

(2)小児の手の届かない所に保管すること。

(3)他の容器に入れ替えないこと。

(誤用の原因になったり品質が変わる。

)広告文責:株式会社ドラッグピュア神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103TEL:0120-093-849製造販売者:剤盛堂薬品株式会社区分:第2類医薬品・日本製文責:登録販売者 松田誠司

レビュー件数0
レビュー平均0
ショップ 神戸たんぽぽ薬房
税込価格 4,312円
みてほうだい
みてくれの